私がnabeenです。

たまに有益な情報を書きます。たまに。

ラジオでいいじゃん

N国が議席確保してからというもの、NHK周りの話題は事欠かない。

僕自身、NHKは単なる利権団体だと思っているので、さっさとスクランブルかければいいと思っている派だ。でも、そんなことをしてしまうと甘い汁がすすれなくなってしまうので、お偉いさん方はあの手この手とがんばって精一杯のわけわからない反論をしている。

こういう見え透いた嘘を並べて、恥ずかしいと思わないのか、謎である。

つい先日も、面白い見解を出していた。

「 受信料はNHKの事業を維持・運営するための特殊な負担金で放送の対価として頂いているわけではない」

news.nicovideo.jp

ちょっとどういうことかわからない。

まぁそれはさておき。

今NHKは放送法を盾に受信料支払いを求めていて、災害情報がーとかいろいろ言ってるわけだけど、災害情報こそ、地上波じゃない。ラジオだ。

仮に僕が被災した時は、確かに災害情報は欲しい。欲しいが、それは地上波ではない。被災してしまったら、そもそも地上波なんて見れない。もちろん避難所にテレビがあれば見れるが、基本はインターネット、もしくはラジオだ。

でも、「ラジオでいいよね?」とは誰も言わない。

これはなんでなんだろうか。

不思議である。

頑なに放送法を変えるつもりがないのであれば、それを逆手に攻めていけば言い訳も何もなくなってしまうと思うのだけど、大人の世界はそう簡単ではないのだろうか。

あまり関係ないが、この記事を書いているうちに、災害時に備えて手回しラジオ買っといたほうがいいかな...と思った。